EG6 オーバーホール

今日は20万km走行のEG6のお客様がご来店されました。
「走行距離が20万キロを超えたのでエンジン周りを中心にオーバーホール&
リフレッシュをしたい。」との事でした。
今回は全て純正部品を使用し、劣化、消耗している部品をリフレッシュすることに
なりました。

まずはエンジン。

エンジンミッションをおろし、補器類を全て外し洗浄します。
写真中央を見るとミッションハウジング内がエンジンオイルでべっとりぬれています。
これはB型エンジンでは良くあることなのですが、スプールバルブ廻りから
エンジンオイルがにじみ、それが垂れてミッションハウジングまで侵入していたと
思われます。
クラッチを見るとオイルが少し焼けた後があり、滑っていたようです。
写真右はエキゾーストのポート。
20万キロ走行しているだけあってかなりカーボンスラッジが溜まっています。

外した補器類は洗浄室で入念に洗浄し、ガスケット、パッキン、ウォーターホース類は
全て新品に交換します。
そして写真右はインマニのスロットルボディ接続部ですが、バリを綺麗に取り除き、
スロットルボディとの段付きを極力無くし、吸気抵抗、乱流を減らすよう、手を加えます。

写真はスロットルボディ。
こちらもやはりブローバイによるオイルが溜まってしまっております。
これをきれいに洗浄するだけでもエンジンの調子が良くなる事が想像できるのでは
ないでしょうか。
タイプワンでは洗浄後、更に専用測定器具を使用しスロットルポジションセンサーの点検、
調整を行います。
これは走行距離の多い車両に良くあるのですが、走行距離が増えるにつれ、
バタフライの全閉、全開の位置にずれが生じ、アイドル不良やエンジン不調を起こすことが
あるからです。

Advertisements

4 thoughts on “EG6 オーバーホール

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s